ホワイトニングによる歯へのダメージ

ホワイトニングによる歯へのダメージが気になる人も多いようです。
歯を漂白(ブリーチング)して、黄ばみやタバコのヤニで汚れた歯をキレイにしたいと思っている人も多いですね。
黄ばみタバコヤニの汚れを落として、歯を白くする時に歯を傷めないか心配になります。
歯の漂白(ブリーチング)については、近くの歯科医院(歯科医師)に確かめるれば安心できます。
近くにホワイトニング治療をしている歯科医院がない時には、インターネットでも概要を調べられます。

ホワイトニングによる歯へのダメージについては、インターネットでもたくさん紹介されています。
歯を白くしたいと考えている人は、インターネットで概要を調べてみませんか。
インターネットの検索サイトで「ホワイトニングによる歯へのダメージ」などのキーワードを入力すれば、情報が集められます。

歯科医院で行うホワイトニング治療とは、歯を白くする専門の薬剤を使用して、歯の色を少しずつ漂白(ブリーチング)する治療法です。
歯の白さのレベルは、歯質や個人差で異なります。

ホワイトニングによる歯へのダメージについて、概要を紹介します。

(1)ホワイトニングによる歯へのダメージ(歯科医院)
歯科医院でホワイトニング治療を行う場合は、ダメージの心配はありません。
歯の状況や歯の質などを考慮して、漂白(ブリーチング)するレベルやスピードが決められます。

(2)ホワイトニングによる歯へのダメージ(オフィスブリーチング)
歯科医院で歯科医師が行うオフィスブリーチングは、ホームブリーチングよりも強い薬剤を使用します。
歯の表面に薬剤を塗り、光を照射して白くします。
歯のダメージが少ないように施術が行われます。
施術時間は45分~1時間程度です。
ホワイトニングによる歯へのダメージは心配ありません。

(3)ホワイトニングによる歯へのダメージ(ホームブリーチング)
歯科医院や歯科医師の指導のもとに、家庭で歯の漂白(ブリーチング)を行う方法です。
歯形に合う専用トレイを作り、トレイの中に漂白ジェルを入れて歯に装着します。
専用トレイは、毎日30分~8時間程度装着します。
オフィスブリーチングよりも弱い薬剤で漂白(ブリーチング)を行います。
ホワイトニングによる歯へのダメージは心配ありません。

歯科医院の歯科医の指導で行われるホワイトニング治療の場合、ホワイトニングによる歯へのダメージは心配ありません。
自分の生活スタイルに応じて、ホームブリーチングかオフィスブリーチングを選んで、ホワイトニング治療をします。

ホワイトニングによる歯へのダメージのポイント

ホワイトニングによる歯へのダメージは心配ありません。歯科医院(歯科医師)の指導で行われるホワイトニング治療には、ホームブリーチングとオフィスブリーチングがあります。漂白する薬剤の強さと歯を白くする期間が異なります。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用