ホワイトニングの料金・値段

ホワイトニングの料金・値段は、ホワイトニングの方法によって異なります。

ホワイトニングの種類には、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯の漂白ケアをする方法です。
ホームホワイトニングは、自宅で歯の漂白ケアをする方法です。
デュアルホワイトニングは、歯科医院と自宅で歯の漂白ケアをする方法です。

ホワイトニングの料金・値段は、歯の状況や質によって異なります。

ホームホワイトニング(自宅ケア)期間が長くなると、ホームホワイトニングの料金・値段は、薬剤(ホワイトニング剤)の使用量で差がでます。

オフィスホワイトニング(歯科医院ケア)では、ホワイトニング回数によってホワイトニング料金・値段に差がでます。

ホームホワイトニング(自宅ケア)・オフィスホワイトニング(歯科医院ケア)・デュアルホワイトニング(歯科医院+自宅ケア)共に、ホワイトニングの料金・値段は個人差があります。

次に、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの料金・値段を紹介します。
ホワイトニングの料金・値段は、地域差やサービスの内容によって異なります。

(1)ホームホワイトニングの料金・値段
歯科医院での、歯のチェックとクリーニングを含めた価格です。
上下のトレー(マウスガード)と薬剤(ホワイトニング剤)1ヶ月分で、15000~20000円程度のようです。
薬剤(ホワイトニング剤)の追加価格は3000円程度です。
ホームホワイトニングの料金・値段は、歯の質や手順などで個人差が現れるようです。

(2)オフィスホワイトニングの料金・値段
歯のクリーニングとフッ素コーティングを含めた価格です。
オフィスホワイトニングの料金・値段はサービス内容により差が大きいですね。
16本の歯を、3回ケアした場合。
オフィスホワイトニングの料金・値段は、20000円~50000円程度になっています。

ホームホワイトニングの料金・値段は、オフィスホワイトニング(歯科医院)やデュアルホワイトニングの料金・値段と比較して安価になります。

ホワイトニングの料金・値段のポイント

ホワイトニングの料金・値段は、オフィス(歯科医院)・ホーム(自宅)・デュアルによって異なります。歯の質などの個人差・ケアの内容・漂白用薬剤(ホワイトニング剤)の使用量によっても異なります。ホームホワイトニングがいちばん安価です。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用