ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果が気になります。
ホワイトニングをして、スグに美しい白い歯になる人もいますが、なかなか満足できない人もいます。

ホワイトニングの効果は、個人差があるようです。
なかなか満足できない人でも、施術を繰り返せば白く美しくなるようです。

次に、ホワイトニングの効果が期待できない・施術できない場合を紹介します。

1)虫歯や歯にひび割れがある場合。
虫歯やひび割れがあると、ホワイトニングの効果は期待できません。
薬剤による施術の前に、虫歯や歯のひび割れを治療しましょう。

施術の前に歯の検査をシッカリして、歯の病気やキズを治してください。

2)歯周病(歯槽膿漏)がある人も、施術前に治療をしましょう。
ホワイトニングの効果を得る為には、歯周病(歯槽膿漏)の治療をしましょう。
歯周病(歯槽膿漏)があると、白く美しい歯も抜けてしまいます。

3)インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)には、ホワイトニングの効果はありません。
インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)を施術しても、ホワイトニング効果はありません。
インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)以外の生きている歯には、ホワイトニング効果があります。

インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)は、白い材料を使用したクラウン(差し歯)など、他の方法を用います。
施術後に、健康な歯の色に合わせたインレー(詰め物)やクラウン(差し歯)などにする方法があります。

4)妊婦の場合のホワイトニング効果
施術中・施術後のデータがないことから、一般的には妊娠中には施術を行いません。
どうしても白くしたい場合は、歯のマニキュアを行う方法があります。
妊娠中は歯のマニキュアで白くして、出産後にゆっくりと歯を白くしませんか。
妊娠中のリスクは回避するほうが適切です。

5)その他の、ホワイトニング効果が期待できない歯
a)歯の変色が非常に強い場合
b)歯が金属などで変色している場合
c)歯の神経が死んでいる場合

ホワイトニング効果が期待できない場合には、ラミネートやクラウン、そして歯のマニキュアなどの方法もあります。

ホワイトニング効果の持続期間は、通常半年~1年です。
歯磨きや食生活などの生活習慣により、ホワイトニング効果の持続期間に差がでます。
シッカリと歯磨きをしましょう。


ホワイトニングの効果のポイント

ホワイトニングの効果が気になりますね。インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)には効果はありません。虫歯・ひび割れ・歯周病(歯槽膿漏)は、歯を治療してからケアします。妊娠中は歯のマニキュアにしませんか。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用