ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングのメリットとデメリットをシッカリ確認して、施術を行いましょう。

ホワイトニングとホームホワイトニングが一般的です。
オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯のケアをする方法です。
ホームホワイトニングは、自宅で歯のケアをする方法です。

次に、ホームホワイトニングのメリットとデメリットの概要を紹介します。

(1)ホームホワイトニングのメリットとデメリット
自宅で行うメリット面は費用です。
オフィスホワイトニングの治療費に比べて安価になります。

(2)ホームホワイトニングのメリットとデメリット
ホームホワイトニングのメリット面は持続時間です。

ホームホワイトニングの、歯の白さを持続する期間は半年~1年です。
歯の白さの持続期間は、歯磨きや食生活などの生活習慣で差が出ます。
歯の白さを持続する為には、歯磨きをシッカリすることが大切です。
歯を着色しやすい食べ物を食べた後は、歯磨きを丁寧に行いましょう。

(3)ホームホワイトニングのメリットとデメリット
ホームホワイトニングのメリット面は、自宅でできることです。

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うので、通院時間や予約などが必要になります。
ホームホワイトニングは、自宅で行う方法なので簡単です。
忙しい仕事の合間に歯科医院に通うのが大変な時は、ホームホワイトニングが良いですね。

(4)ホームホワイトニングのメリットとデメリット
ホームホワイトニングのメリット面は毎日チェックできることです。

ホームホワイトニングは自宅で行うので、常に歯の変化をチェックできます。
日々白く美しくなる様子を楽しむことができます。

オフィスホワイトニングのメリットとデメリット

(1)オフィスホワイトニングのメリットとデメリット
オフィスホワイトニングのメリット面は、歯科医院で歯の専門家が行うことです。

オフィスホワイトニングは、歯科医院でおこなうので短時間で終了します。
歯の専門家が行うので、安心・安全ですね。

ホームホワイトニングは、2週間~5週間の間、専用薬剤を使って自分でケアします。
手順をシッカリ守らないと、満足の結果は得られません。

(2)オフィスホワイトニングのメリットとデメリット
オフィスホワイトニングのメリット面は、トレー(マウスガード・マウストレー)をしなくてもよいことです。

ホームホワイトニングでは、漂白期間中は、2時間~就寝中にトレー(マウスガード・マウストレー)をはめてケアします。
トレー(マウスガード・マウストレー)が苦手な人には、長い時間に感じると思います。

オフィスホワイトニングでは、トレー(マウスガード・マウストレー)をして就寝する必要はありません。
オフィスホワイトニングでは、通常は1度の施術で白く美しくなるようです。

ホワイトニングのメリットとデメリットでは、オフィス・ホーム共通のデメリット面があります。
インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)には効果がありません。


ホワイトニングのメリットとデメリットのポイント

ホワイトニングのメリットとデメリットで、メリット面は歯を削らないで白くすることです。白くする方法には、歯科医院(オフィス)で短時間にケアするか、ホーム(自宅)でマウスガード(マウストレー)をはめる方法があります。ケア後の歯磨きは大切です。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細
1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用