ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの安全性について心配な人も多いようです。
ホワイトニングは、薬剤(ホワイトニング剤)を使用して、歯を漂白する方法です。
歯を削らないで歯を白く美しくします。

オフィス(歯科医院)・ホーム(自宅)共に、ホワイトニング用の薬剤(ホワイトニング剤)を使用して歯を白くします。

ホワイトニング効果には、個人差があります。
また、ホワイトニング効果の持続時間も、食生活や歯磨き方法などで変化します。
ホワイトニング効果を持続させる為には、歯磨きを丁寧にすることが大切なようです。

次に、ホワイトニングの安全性について概要を紹介します。

(1)ホワイトニングの安全性1
ホワイトニングには3つの方法があります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そしてデュアルホワイトニングの3つです。

オフィスホワイトニングは歯科医院で歯のケアを行う方法です。
ホームホワイトニングは、自宅で歯のケアを行う方法です。
デュアルホワイトニングは、歯科医院と自宅の両方で歯のケアを行う方法です。

ホワイトニングの安全性については、オフィス(歯科医院)もホーム(自宅)もデュアル(歯科医院+自宅)も大きな違いはありません。

(2)ホワイトニングの安全性2
ホワイトニングでは、歯を漂白する薬剤(ホワイトニング剤)を歯に塗ります。
歯に薬剤を塗るので、歯がしみる場合もありますが、ホワイトニングの安全性に問題はありません。
歯が薬剤で脆くなったりはしません。

ホワイトニングの安全性と過酸化水素

ホワイトニングの安全性では、歯に塗る薬剤(ホワイトニング剤)が気になりますね。
歯の漂白に使われる薬剤の成分は過酸化水素です。
過酸化水素は、一般的には消毒薬として使われる薬剤です。

過酸化水素は濃度35%以下であれば、からだへの害は無いといわれています。
米国食品医薬品局では、口腔内殺菌用薬剤として過酸化水素が認められています。
米国では、過酸化水素を使用したホワイトニングの安全性は認められています。

日本でも、ホワイトニングの安全性は、確認されています。
日本でもホワイトニング剤(過酸化水素)の研究は行われています。
大学の歯学部の研究室でも、多くの研究論文が出されています。
日本でもホワイトニングの安全性が保証されています。

薬剤(ホワイトニング剤)を使った、歯のケアは安全性が認められています。


ホワイトニングの安全性のポイント

ホワイトニングの安全性はOKです。オフィス(歯科医院)・ホーム(自宅)・デュアル(歯科医院+自宅)共に、薬剤(ホワイトニング剤)は過酸化水素です。歯の漂白ケアは、米国・日本で認められています。ケア後は、歯磨きをシッカリしましょう。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用