ホワイトニングの持続時間

ホワイトニングの持続時間は、ホワイトニングの方法によって異なります。
ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そしてデュアルホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で漂白ケアをする方法です。

ホームホワイトニングは、自宅で薬剤(ホワイトニング剤)をつけて、歯を漂白ケアする方法です。

デュアルホワイトニングは、歯科医院と自宅の両方で漂白ケアする方法になります。

ホワイトニングの持続時間は、オフィス(歯科医院)・ホーム(自宅)・デュアル(歯科医院+自宅)で異なります。

オフィスホワイトニングの持続時間は、ホームホワイトニングと比べて短いと言われています。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤(ホワイトニング剤)を歯に塗って、特殊な光を当てて歯を漂白する方法です。
1回の施術の時間は短く、スグに白くなるメリットがありますが、ホワイトニングの持続時間が短いのがデメリットです。

自宅で歯の漂白ケアをするホームホワイトニングは、トレー(マウスガード・マウストレー)を歯に装着する方法です。
歯にトレー(マウスガード・マウストレー)をつけて、白くなるまで継続して漂白ケアします。
オフィスホワイトニングのように短時間で漂白できないデメリットがあります。
しかしオフィスホワイトニングよりも、ホームホワイトニングの持続時間は長いのがメリットです。

デュアルホワイトニングは、歯科医院と自宅で漂白ケアを行う方法です。
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの持続時間と施術時間のメリットがあります。

ホワイトニングの持続時間と歯磨き食生活

ホワイトニングの持続時間は、オフィスホワイトニング(歯科医院)とホームホワイトニング(自宅)で異なります。
歯磨き習慣や方法、そして食生活でも異なります。

ホワイトニングの持続時間は、毎日の歯磨きの方法で差がでてきます。
歯磨きの方法が正しく、丁寧であればホワイトニングの持続時間を長く保つことができます。
ホワイトニング後の歯磨きの内容が、ホワイトニングの持続時間に影響します。

ホワイトニングの持続時間は、食生活でも異なります。
歯を変色させやすい飲み物や食べ物により、歯の白さは損なわれます。
歯の色を変えやすい飲み物や食べ物を食べた後には、歯磨きを丁寧にすることが大切ですね。

ホワイトニングの持続時間のポイント

ホワイトニングの持続時間は、オフィス(歯科医院)・ホーム(自宅)・デュアル(歯科医院+自宅)で異なります。薬剤(ホワイトニング剤)を用いた、ホーム(自宅)の漂白ケア時間は長くなりますが、持続時間も長くなります。ケア後の歯磨きは大切ですよ。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細
1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用