ホワイトニングに適さない人

ホワイトニングに適さない人とは、どのような人でしょうか?

ホワイトニングに適さない人か否かの自己判断はしないでください。
歯科医院に相談することをオススメします。

次に、一般的なホワイトニングに適さない人を紹介します。

(1)ホワイトニングに適さない人(入れ歯・人工の歯)
自分の歯でない人は、ホワイトニングに適さない人になります。
人工の歯や入れ歯など、自分の歯でない場合は漂白することはできません。

人工の歯や入れ歯の部分は漂白ケアできないので、自分の歯の色との調和が必要になります。

(2)ホワイトニングに適さない人(インレー・詰め物)
インレー(詰め物)がある人は、ホワイトニングに適さない人になります。
インレー(詰め物)は漂白ケアすることはできません。

ホワイトニング後に、自分の歯の色に合わせて、インレー(詰め物)を替える必要があります。
インレー(詰め物)の変更をした後に、ホワイトニングをする方法がありますが、一般的にはホワイトニング後が適切です。

(3)ホワイトニングに適さない人(知覚過敏・ひび割れ)
知覚過敏や歯のひび割れなどで、しみる歯がある人は漂白ケアが適しないケースがあります。
知覚過敏やしみる歯があっても、しみない処置を行いながら施術する方法があります。
歯科医院で相談することをオススメします。

(4)ホワイトニングに適さない人(虫歯・歯周病)
虫歯や歯周病がある人は、ホワイトニングに適さない人になります。
虫歯や歯周病がある人は、ホワイトニングの前に治療をしてください。

歯科医院では、ホワイトニングの前に歯のチェックをして虫歯や歯周病を治療してから漂白ケアを行います。

(5)ホワイトニングに適さない人(小児)
小児全て、ホワイトニングできないことはありません。
一般的に年齢が低い小児の場合は、ホワイトニングを避けます。

(6)ホワイトニングに適さない人(歯の色)
歯の色が濃い人は、ホワイトニングに適さない人だと言われています。
一般的には、黄色系の歯の色のほうが灰色や濃い茶色の人よりも漂白効果が高いようです。
小児の時に抗生物質で歯に濃い色がついた場合は、漂白ケアの効果は少なくなります。

ホワイトニングに適さない人のポイント

ホワイトニングに適さない人は、インレー(詰め物)・人工の歯・入れ歯など、漂白できない歯の人です。虫歯・歯周病・ひび割れ・知覚過敏は、漂白前に治療が必要です。小児のように、ホワイトニングを避けた方がよい人もいます。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細
1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用