歯のホワイトニング剤の有効成分

歯のホワイトニング剤の有効成分を知っていますか?

ホワイトニングで歯を白くする方法は、歯を削らない方法です。
専用の薬剤でブリーチング(漂白)します。
歯を削らなで、タバコのヤニの汚れや歯の黄ばみを落として歯を白くします。

ブリーチング(漂白)に使う、歯のホワイトニング剤の有効成分が、歯に悪影響を与えないか心配する人も多いようです。
歯のホワイトニング剤の有効成分が、身体の健康に悪影響を与えないかも心配ですね。

次に、歯のホワイトニング剤の有効成分の概要を紹介します。
歯のホワイトニング剤の有効成分は、過酸化水素や過酸化尿素と呼ばれる薬剤です。

オフィスホワイトニングでは、過酸化水素がブリーチング(漂白)剤として使われるようです。
歯のホワイトニング剤の有効成分に使われる過酸化水素は、活性酸素の一種です。
過酸化水素はオキシドールにも配合されています。
約3%の過酸化水素を含むオキシドールは、いろいろな消毒に使われています。
例えば、傷の消毒・傷の洗浄・口内の消毒・のどの消毒・のどの洗浄などです。

歯のホワイトニング剤の有効成分である過酸化水素は、消毒や洗浄などで昔から使われている薬剤です。
歯のホワイトニング剤の有効成分である過酸化水素は、安心・安全のブリーチング(漂白)薬剤です。

歯のホワイトニング剤の有効成分(過酸化尿素)

歯のホワイトニング剤の有効成分である過酸化尿素とは、どういう薬剤でしょうか。
歯のホワイトニング剤の有効成分に使われる過酸化尿素は、ホームホワイトニング剤として使用されるケースが多いようです。
酸素と尿素が結合したもので、水分などで簡単に分解されます。
ブリーチング(漂白)効果は、過酸化水素の約1/3です。

過酸化尿素は副作用や毒性をもたない薬剤で、消毒液や加工食品にも配合されています。
歯のホワイトニング剤の有効成分である過酸化尿素は、安全・安心のブリーチング(漂白)薬剤です。


歯のホワイトニング剤の有効成分のポイント

歯のホワイトニング剤の有効成分は、過酸化水素と過酸化尿素です。歯のブリーチング(漂白)を行う薬剤は、昔から消毒液や傷の洗浄に使われていました。消毒液として知られているオキシドールには、過酸化水素が配合してあります。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用