ホワイトニングと知覚過敏

ホワイトニングの時に、知覚過敏の人は"ツン"とした痛みを感じることがあります。
かき氷やアイスクリームを食べている時の歯にしみる痛みと同じ現象です。
健康な歯の人でも、ホワイトニングの時に軽い痛み(知覚過敏)がある場合があります。

歯の構造は、中心の神経を象牙質が保護しています。
その象牙質を、歯の表面のエナメル質が守っています。

歯の神経は、「熱い」・「冷たい」・「しみる」などの刺激を"痛み"として感じます。
その為、ホワイトニングの時に知覚過敏の人は痛みを感じます。
歯の象牙質に何らかの刺激を受けると、ホワイトニングの時に知覚過敏の人は痛みを感じます。

エナメル質には知覚がありません。
その為、歯の象牙質がむき出しになっていなければ刺激(痛み)を感じることはありません。
歯の象牙質に刺激を感じて、ホワイトニングの時に知覚過敏の人が痛みを感じるのは、
エナメル質が薄くなった人が多いようです。

ブリーチング(漂白)剤は、過酸化水素や過酸化尿素を使います。
歯のブリーチング(漂白)に使う過酸化水素や過酸化尿素は、消毒液や傷口の洗浄などに使われる薬剤です。

過酸化水素や過酸化尿は、昔から使われている安心・安全の薬剤です。
過酸化水素や過酸化尿素を配合した消毒液を傷口につけるとしみますね。
ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人は、傷口に消毒液をつけたことと同じです。
ホワイトニングの時に知覚過敏が起きても、身体への影響はありません。
"ツン"とした痛みが辛い人には、休みを入れながらブリーチング(漂白)をする場合が多いようです。

ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人

ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人・ケースを紹介します。

(1)象牙質が剥き出しのため、ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人。
歯軋りなどにより歯の先端が削れて、歯のエナメル質が薄くなって象牙質が剥き出しになっている人。

(2)象牙質が剥き出しのため、ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人。
歯磨きの方法が悪い為に、エナメル質が取れては根元がくびれてしまっているケースがあります。

(3)象牙質が剥き出しのため、ホワイトニングの時に知覚過敏が起こる人
加齢によりエナメル質が薄くなっている人は、歯が"ツン"と痛むことがあります。


ホワイトニングと知覚過敏のポイント

ホワイトニングの時に知覚過敏の人は“ツン”とした痛みがあります。ブリーチング(漂白)剤は、消毒液にも使われる過酸化水素や過酸化尿素です。歯のエナメル質がとれると、剥き出しになった象牙質が刺激を受けて“ツン”となります。


このページを読んだ人が見た、その他のページ

1-1.jpg

薬用トゥースメディカルホワイト

  • 通販番組では、3秒に1本売れている人気の商品
  • 口臭の原因にもなるタバコのヤニで黒くなった喫煙者の歯を白く
  • 使い方が簡単

薬用トゥースメディカルホワイトの詳細
2-1.jpg

薬用ポリリンジェルEX

  • 分割ポリリン酸が高配合
  • 分割ポリリン酸の再生医療にも応用されている実績
  • 薬用ポリリンジェルEXには、5つのセットから選択可能

薬用ポリリンジェルEXの詳細

ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ホワイトニング歯磨き粉
薬用トゥースメディカルホワイト
薬用ポリリンジェルEX
歯医者でのホワイトニング
湘南美容外科・歯科デンタルスタジオ
デンタルサロン・プレジール
ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの料金・値段
ホワイトニングの効果
ホワイトニングのメリットとデメリット
ホワイトニングの安全性
ホワイトニングの持続時間
ホワイトニングに適さない人
ホワイトニングコラム
黄色い歯のホームホワイトニングの効果
ホワイトニングによる歯へのダメージ
ホワイトニングした芸能人
ブライダル審美
ホワイトニングと虫歯
歯のホワイトニング剤の有効成分
ホワイトニングと知覚過敏
歯が黄色くなる理由
歯のマニキュア
歯のクリーニング
レーザー・ライトによる歯のホワイトニング
経済


キャッシュ使用